外科看護師に転職する際に確認すべきポイント

転職活動の際に確認すべきポイント

転職活動の際に確認すべきポイント


可能な限り多くの情報を得る

転職後に後悔しないためにも、転職活動時に必ず確認しておくべきポイントを紹介します。まず確認すべきなのは求人情報です。勤務形態や夜勤の頻度、オンコールの有無などを必ず確認してください。ただし、求人情報や病院のホームページの情報だけでは、その職場の内情は分かりません。そこで大切にしたいのが、面接や病院見学時に直接担当者から話を伺う機会です。求人情報だけでは見えない部分を可能な限り聞くようにしてください。
例えば、看護師の配置人数や研修体制、キャリアアップ支援制度の有無、休暇制度の取得率などを聞きましょう。その際に、質問しやすい雰囲気であるかどうかも重要です。また、患者向けの口コミサイトも参考になります。看護師や医師の評判を確認し、評価の低い病院の場合は職場環境も劣悪であるケースが多いです。

面接時のチェックポイント

面接は雇用する側が応募者を見極める場であると捉えている人が多いようですが、応募者が転職先を見極める場であることも忘れてはいけません。限られた時間の中で、その職場を見極める意識を持ちましょう。まずは、働いているスタッフの様子を観察してください。スタッフの表情が暗く、余裕がないような雰囲気を感じた場合は要注意です。疲れが取れない過酷な労働環境である可能性が高いためです。また、院内が清潔に保たれており、整理整頓されているかも確認してください。仮に、患者が立ち入る場所が不衛生な状態であれば、質の高い医療を提供しているとはいえません。そのような職場は、全体的にモラルが低く劣悪な労働環境である可能性が高いです。
面接で話す担当者がそのまま直属の上司になるわけではありませんが、面接中の対応に違和感を覚えるようであれば危険です。問題のある職場は、最初にコンタクトした時点で違和感を覚えるはずです。短い時間の中でも違和感があるようなら、転職後も違和感を持つ場面が多く、結果として多くのストレスを抱えることになるでしょう。

登録必須の転職エージェント

看護師が転職する際に必ず登録しておくべきサービスが、「転職エージェント」です。看護師の求人自体は様々な媒体で扱われていますが、転職先の実態をしっかり把握した上で適切なアドバイスをしてくれるのは転職エージェント独自の強みです。転職エージェントごとに特徴がありますので、自分に合いそうなものに登録してください。また、複数登録するのもおすすめです。紹介される求人や転職サポートを比較検討しつつ、自分に最も適したサービスを選びましょう。