外科看護師として転職する際の志望動機


熱意が伝わる志望動機を

すでに外科看護師としての経験があり、他の職場に転職する人もいれば、外科看護師の経験がなく、初めて転職する人もいるでしょう。ここでは、どちらのケースでも使える志望動機作成のコツや例文を紹介していきます。ぜひ転職活動の参考にしてください。

志望動機のポイント

外科看護師を目指す人の多くが志望動機として挙げるのが、「最新医療に携わりスキルアップしたい」というものです。外科は最新医療を用いて患者の手術を行います。新しい知識を吸収し、看護師としてのスキルを磨ける環境であるといえます。そのため、志望動機を伝える際にもその点をアピールすると効果的です。
また、「急性期医療に携わりたい」という理由も効果的です。外科は他の診療科よりも急性期の患者を受け入れる機会が多いです。症状の重い患者の手術や回復期看護を担当するため、臨機応変な対応力が求められます。そういった環境で看護を提供したいという旨をしっかりアピールしましょう。
「患者さんの回復をサポートしたい」という理由もおすすめです。外科病棟では手術後の患者が回復するまでのサポートをします。患者に寄り添って、日常生活に戻るまでの手助けをしたいという気持ちをアピールしましょう。患者を励ましながら前向きに業務へ取り組める看護師の存在は現場で重宝されます。

外科の経験がある場合の例文

私はこれまで4年間、外科病棟で最新医療に携わってきました。それゆえ、外科特有の様々な困難も経験してきました。その上で、今後は外科手術の看護に携わりたいと考えるようになりました。貴院は最新鋭の手術環境があり、最新医療に携われる環境があります。これまでの経験やスキルを活かし、貴院に貢献したいと考えています。

外科の経験がない場合の例文

私はこれまで○○科に4年間勤務し、患者の回復を支える喜びを感じながら働いてきました。今後は、患者の力になりたいという思いを、急性期を中心とした貴院の外科病棟で活かしたいと考えています。患者の回復を共に喜び、寄り添った看護を提供すると同時に、貴院の活動を支える存在になりたいと思います。

まとめ

以上、志望動機作成のコツや例文を紹介しました。あくまで例文なので、すべての看護師にあてはまるわけではありません。参考にして、自分なりにアレンジしてください。また、志望動機の作成を転職エージェントに手伝ってもらうこともできます。自分だけで考えるのが不安であれば、一度相談してみましょう。転職のプロが第三者の目線から適切なアドバイスをしてくれます。