複数ある外科看護師が配属される診療科の種類

外科の種類について

外科の種類について


大まかな外科の役割

外科は薬による治療ではなく、手術などを用いて病気やケガを治療します。薬による治療が期待できないケースにおいて、患部の切除や弱った部分の補強を行うことで状態の回復を目指します。手術を行うためには経験と知識が必要です。事前に把握している症状だけではなく、手術中に新たな異常が発見されるケースもあります。難易度の高い手術を行う際には、集中力と体力が求められます。
また、薬を扱う内科と連携し、計画的に手術を進めていきます。患者の体力や状態の変化に応じて、適切に判断します。患者の状態によっては、当初予定していた術式から変更して手術を行うケースもあります。ケガに対して行う手術は、骨折時の形成手術などが多いです。手術をした方が早期に回復し、日常生活に戻れる場合に手術を選択します。また、がんなどの病気によって機能を失った器官を人工的な器官に変更する手術も行われます。近年この分野は大きく技術が伸びており、小型で高性能な人工臓器や補助器具が開発されています。そのため、最新医療に関する知識が求められます。

主な外科の診療科

外科の診療科は病院によって異なります。身体の部位やそれぞれの関連性によって分類されるため、多くの病院では細分化されています。主な診療科は以下の通りです。
「脳神経外科」は、主に脳梗塞や脳腫瘍への治療を行います。専門性が高く、細かな技術が求められる診療科です。
「泌尿器科」と「肛門外科」が分かれているケースもあります。泌尿器科は性病や前立腺がんを扱います。肛門外科はがんなどで腸の機能を失った患者の人工肛門の取り付け手術を行います。
「形成外科」は他の診療科と比べて少し特殊です。病気やケガによって失われた部位の再建手術や、人工器官への置き換え手術を行います。また、口内のがんによって失われた部位の手術を行うこともあります。これは、口腔外科技術を持つ医師は歯科医師に多く、大型の病院では形成外科で取りまとめて手術を行うケースが多いためです。
「整形外科」は脊髄や歩行・運動能力に異常がある患者に対して治療を行います。骨折にも対応しているため、事故でケガをした人が訪れるケースが多いようです。
「美容外科」は治療ではなく美容目的の手術を行っています。保険診療から外れるため、診療科として病院には設置されていないことがほとんどです。患者は健康な状態なので、急変による残業などは発生しません。また、夜勤もないため、プライベートの時間を確保したい看護師に人気があります。
「小児外科」は子どもの病気やケガに対して外科的なアプローチをする診療科です。専門医が少なく、需要が高いという特徴があります。